家作りの革新!自然素材の家がおすすめできる理由

作業員

木のぬくもりに囲まれて

自然素材の家は健康被害が少なく、空気を浄化してくれるなどの効果もあるので千葉でも注目されています。国産の木材を使うことで千葉や国内の林業が活性化するといったメリットもあり、耐久性が高いので長く暮らせるといった特長もあります。

腐蝕やシロアリを防ぐ

模型

基礎は通気性を重視

家づくりはまず基礎工事から始まります。この時、千葉の自然素材の家づくりで問題になるのが、シロアリ対策です。シロアリは、床下などの風通しの悪い場所に棲みついて家の土台を食い荒らします。通常千葉では、シロアリ対策として、床下に強い薬剤を散布します。最近では、比較的人体に影響のない薬剤を使用しますが、それでも床下という密閉された空間から薬剤が徐々に揮発することで、人の体に害を及ぼす心配があります。千葉の自然素材の家では、薬剤に頼るよりも、床下にシロアリが住みにくい環境をつくることを考えます。床下の風通しを良くして、シロアリが好きな密閉された空間にしないことがポイントです。千葉に建てる自然素材の家の基礎は、従来から採用されてきた通気性のある布基礎が最適です。床下は、簡単に点検できるように開けておくことも大切です。こうすることで、シロアリ対策だけでなく、湿気による腐蝕もかなり防ぐメリットがあります。但し、基礎の考え方については依頼先により様々です。自然素材の家をつくる際には、予め十分説明してもらい、話し合っておくことが必要です。シロアリはほとんどの木材を食い荒らしますが、どちらかといえばヒバ、ヒノキはあまり好みません。たとえ被害にあっても木材の芯まで被害が及ぶことは少ないと言えます。ですから土台にはこれらの木材を使用し、必要に応じてヒバ油、木酢液、ホウ酸、ショウノウなどを散布すると、シロアリ被害をかなり防ぐことができます。土台に使う木材は後から作り替えることはできませんので、十分に担当者と話し合って決定しましょう。

住宅

四季の移り変わりを感じる

自然素材の家は製造過程で有害な化学物資を含んでおらず、人体に良い影響を与えます。自然素材で造られた家は、昔から土壁や和紙を用いた襖などでできた、日本の伝統家屋そのものです。そして傷がつきやすく冬は寒いという弱点はありますが、自然素材の家は千葉の季節の移り変わりを肌で感じることができる健やかな家です。

積み木の家

木や炭を多用する家

できるだけ身体に優しい環境で暮らしたいといった場合は、千葉で人気になっている自然素材の家がうってつけです。有害な材料を使用せずに建築されるので、アレルギーを持つ人でも負担が少なく、安心して過ごすことができます。