家作りの革新!自然素材の家がおすすめできる理由

四季の移り変わりを感じる

住宅

有害物質を含まない

ハウスダストによるアレルギーやシックハウス対策として最も効果的なのは、有害な化学物質を誘発しない自然素材の家を造ることです。新建材は、製造や加工の過程で接着剤や塗料を使用しますが、それらは揮発して体内に入ると、化学物質過敏症を引き起こす物質が含まれているものがあります。しかし、無垢材や石材などを使った自然素材の家は、人工的な製造工程を踏まないため、新建材のような有害な化学物質を含んでいる心配がありません。また、自然素材は気温や湿度などの影響を受けて変化するものが多い一方で、人の身体に良い影響を与えることも知られています。千葉の自然素材で造られた家は、日本の伝統家屋そのものでもあります。日本の家屋は昔から土壁の木造建築で、藁葺きの屋根や和紙を使った襖や障子などを用いてきました。そこには当然ながら、ホルムアルデヒドのような有害化学物質を揮発する接着剤は使われていません。しかし、千葉の自然素材の家は手入れを怠れば腐食もし、新建材と比べると汚れや傷がつきやすく、風通しが良い分、冬はとても寒いなどの弱点を併せ持っています。一方で新建材を使った気密性の高い現代の家では、年中室温を一定に保つことができますが、室内に停滞した有害物質を吸い込んでしまうといったリスクを背負っているのです。そう考えると、千葉の自然素材の家は、多少の不便さはあっても、千葉の四季の変化を肌で感じながら暮らせる健全な家といえます。