家作りの革新!自然素材の家がおすすめできる理由

木や炭を多用する家

積み木の家

アレルギーの改善にも

最近の住宅建築においては木材を多用したり、住宅内に様々な良い効果をもたらす炭などを設置して建築する、自然素材の家が注目されています。国内の住宅は木造住宅が多いのですが、木材を使用する箇所は柱や梁などの基礎部分に使用されることが多く、床や壁などにはあまり使いません。木材には湿気を吸収する効果や、人に安らぎを与えるヒーリング効果などが期待できます。また、木炭や竹炭などの炭には、ちょうど良い湿度に整える調湿や脱臭など、生活しやすい環境にお部屋を変える効果が確認されています。首都圏では、海あり山ありなど自然が豊富な千葉県で、自然素材の家を建築する方が増加中です。千葉県は、自然が多い環境化で住宅を構えたいと希望する方に人気の居住地で、東京への交通アクセスも良い事から、ベッドタウンとしても好まれています。自然素材の家では他にも大きな利点があり、それは病気にも良い効果をもたらす点です。自然素材の家では、出来る限り人体に有害な科学物質などを使わずに建築される為、有害物質に体が敏感に反応してしまうアレルギー体質などの方に最適です。また、千葉県は年間を通して気温の変化が大きい場所ですが、木材や炭が持つ調湿や遠赤外線効果により天然のエアコン効果が期待できるでしょう。移住を検討している方や首都圏で新居を構えようと検討中の方は、住みやすい千葉県で注文住宅工法を利用して、自然素材の家を建築されてはいかがですか。